So-net無料ブログ作成
検索選択

ミスタードラゴンズ引退 [スポーツ]

引退立浪.jpg
 引退セレモニーでチームメートや大勢のファンの温かい視線に見守られると、立浪の目は涙であふれた。セレモニーにはPL学園の先輩、桑田真澄氏、清原和博氏も駆けつけた。                                       「最高の野球人生を送れた。これで、心置きなくバットを置くことができる」                                                                 最後まで立浪らしかった。6番・一塁で今季初スタメン。レギュラーシーズン最後のナゴヤドームで絶妙のバットコントロールを披露した。鮮やかな3安打。第4打席では自身が持つ通算最多二塁打のプロ野球記録を487とし、通算安打は2480に伸ばして「最後の打席だと思ったので思い切っていった。塁上で“ツーベースに縁があったんだな”と思った」     PL学園からドラフト1位で入団。1メートル73、70キロの体格ながら抜群のセンスで1年目から周囲の期待に応えた。遊撃から二塁、外野、三塁。チーム事情でポジションを移り、06年からは代打の切り札として存在感を示した。1軍の座を守り通した自身の22年間を「大した選手じゃなかったけど、ただ1つ負けん気だけは常に持ってやってきた」と振り返る。グラウンド入りする時は、必ず帽子を取って深々と一礼。体調管理、道具手入れに人一倍気を使い、野球ができることへの感謝を片時も忘れなかった。打席での驚異的な集中力を生み出すのは、ケタ違いの責任感の強さだった。              ナインの手で背番号と同じ3度宙に舞った立浪はCSで、なくてはならない代打の切り札となる。「きょうが終わったらCSモードに切り替える。最後までやるのがことしの目標」。22年に及んだプロ人生の最終章を、日本一で飾るつもりだ。


 活躍してFAで国内やメジャーの球団に移籍するのがごく当たり前になっている現代で現役を一球団で全うし、かつこれほどの成績を残した選手はしばらくの間出てこないでしょう?
 PLの先輩である清原選手と同様立浪選手もタイトルには縁のなかった選手ではありますが、22年間大きな怪我も無く競争の激しい第一線で活躍し続けた事は何よりの勲章なのではないでしょうか?

 代打の切り札としてあと数年は現役を出来たかもしれないけど「走る」・「守る」と言う面で衰えが隠せなくなっていたのも事実だったわけで、彼の哲学ではそれを由としなかったのでしょう。
 今シーズン限りでユニフォームを脱ぐわけですが、近い将来監督として再びユニフォーム姿を見せてくれることを楽しみにしたいと思います。

 


nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 1

shin

明けましてオメデトウございます!昨年は大変お世話になりました。

本年度もどうぞ宜しくお願い致します。
by shin (2010-01-01 14:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。